ESTA 番外編

ESTA 番外編

本日は晴れた静かな土曜日で、生徒たちはそれぞれのホストファミリーと過ごしています。
それで今日は、私たちが校舎の一部をお借りしているサリー・クリスチャン・スクールの様子をご紹介します。

この学校は幼稚園から高校までありますが、私たちがお借りしているのは、幼稚園と小学校の校舎です。
中高は、少し離れたところにあります。

名前からわかるようにキリスト教主義の学校で、あらゆるところにその片鱗が見られます。
玄関にはミッションが掲げられています。
Our mission is educating for wholeness by engaging in God’s world by the servant way of Jesus.
「私たちのミッションは、イエスがそうさったように、神が作ってくださったこの世界への奉仕に自分を賭けていくような全人教育を施すことです」
まずい訳ですみません。
廊下にも様々な聖書の言葉が掲示されています。
また、子どもたちの昇降口の近くには、貧しい人たちに寄付するための缶詰やパスタなどの干物を置くテーブルのフードバンクがあって、送り迎えの親が何かしら置いていきます。
さらに、アフリカのシエラレオーネと中米ホンデュラスの学校を支援しています。
幼小は毎週一回水曜日に礼拝があり、中高は月一回の礼拝があるようです。

校長先生をはじめ、先生方も事務やメンテナンスのスタッフの方々も、とても感じがよく、桜の聖母にいる時と同じように、神様に守られていることが実感される学校です。

では、明日日曜日はアップを休ませていただきます。