普通科修学旅行結団式を行いました

普通科修学旅行結団式を行いました

10月22日(月)の6校時に,普通科修学旅行の結団式を行いました。

明日から始まる九州方面修学旅行に向けて,結団式を行いました。
校長先生からは,修学旅行を楽しんできてほしいとお話がありました。

次に,生徒代表として野地明日香さんからあいさつがありました。以下,全文です。

 

福島から遠く離れた九州で,私たちの修学旅行が始まります。73年前に長崎で起きた悲劇やそれを乗り越えてきた人々について,また,唯一異国とつながっていた場所ならではの文化などを実際に見て学びます。
現代の私たちがあるのは,先人たちの作り上げてきた歴史が今につながっているからです。その歴史の中には,目を背けたくなるようなものもあるかもしれません。
しかし,それに向き合うことで,今があることが当たり前ではなく,かけがえのないものになると思います。73年前の悲劇を実際に見たうえで,後世に伝えられる方も少なくなっています。だからこそ,この貴重な体験を大切にしていかなければなりません。
また,九州には大地震も起こりました。東日本大震災を経験した私たちなら,復興途中にある熊本の方々の苦労もよくわかるはずです。その分,熊本の現状をよく理解して,私たちにできることを考えていきましょう。
このように,遠い地でたくさんの学びや経験ができることに感謝し,楽しい思い出を作り,充実した修学旅行にしましょう。
三谷先生からは,カトリック校の生徒として,同じ被災地の人間として誇りを持って活動してほしいとお話がありました。

23日は6時30分に福島駅西口に集合します。天気予報では曇りとなっていますが,
もし雨天の場合は,岩瀬書店とゲームセンターの間のスペースに集合することになります。

火曜日から普通科修学旅行の様子を掲載していきます。ぜひご覧ください。
あとは明日の出発まで体調を整えるのみです!