3日目の生徒感想です

3日目の生徒感想です

今日はハウステンボスと吉野ケ里遺跡を回った。昨日に続き,ハウステンボス内ではアトラクションやハウステンボスならではの展示を見て楽しむことができた。昨日は自由だったが,今日は班での活動で,また新しい気持ちで回ることができて良かった。
次に行った吉野ケ里遺跡では弥生時代の民家や,教科書でしか見たことがなかった高床の展望台のようなものを生で見ることができた。これは,邪馬台国があったとされる佐賀県でしか体験できない貴重なものになった。特に甕棺墓を見ることができたのは弥生時代の埋葬方法を直に感じることができて良かった。
修学旅行もあと1日になり,楽しくて気が緩みそうになるところが,逆に引き締まってるように感じた。
あと1日この調子で熊本復興プログラムも真剣に取り組めたらいいと思う。

 

 

今日は午前中ハウステンボスに入りました。前日は夜だったので,夜景がきれいでしたが今日は日中で明るかったので,花やハウステンボスの全体の景色が見ることができ楽しかったです。ハウステンボスでは科学の最先端のVRを使ったアトラクションやロボットのお店に入ったり普段は体験することのできない光の世界やセグウェイなど自分たちの日常生活から離れることで新たな発見がたくさんありました。
午後は吉野ケ里遺跡に行きました。吉野ケ里遺跡は日本史でも勉強したところだったので,実際に見に行くことができて良かったです。今の自分たちの生活は弥生時代の人たちの生活の発展があるからこそ快適に過ごせています。弥生時代の人々の生活を知り改めて日本史が少し好きになりました。学校で日本史をやっているので,日本史の勉強に生かしていきたいです。
3泊4日の修学旅行も明日で最終日なので,気を抜かず楽しんでいきたいです。

 

3日目の写真をアップロードしました。