4日目の感想です

4日目の感想です

今日は,熊本城見学をしました。まず最初に20分ほどの映画を見て,「難攻不落」といわれた熊本城の構造について学びました。城には様々な工夫が施されていて,あの西郷隆盛をも寄せ付けなかった加藤清正の城を築く覚悟の表れだと思いました。
また,プロジェクションマッピングで被災の状況を知ることができました。大きい被害を受けた中,前を向いて復興しようとしている熊本の方々を見て,私たちもできることをしたいと思いました。今,何億ものお金が必要だと聞きました。少しずつでも,募金などで助けになれたらと思います。
この3泊4日の修学旅行では,たくさんの経験をさせていただき,それにより多くの学びを得ることができました。このような機会をいただいたことに感謝し,学んだことを次世代にも伝えられるよう,これからも勉強などに励んでいきたいと思います。

 

 

最終日の今日は,熊本城見学でした。まず最初に簡単なビデオを見ました。ビデオでは,熊本城の難攻の仕組みなどがよく分かり,加藤清正らは戦いの多い不安定な時代を様々な工夫をして生き抜こうとしていたことが伝わってきました。また,2年前の熊本地震で熊本城は想像もできないほどの大きな被害を受けたことが分かりました。そして,地震の被害は熊本城内見学でも衝撃を受けました。石垣や瓦は崩れ落ちビデオで見たような立派な熊本城の姿はありませんでした。私が最も心に残ったのは,端の方だけ残って城を支えている石垣です。昔の人たちの工夫が今回の地震にも活きているんだなと思いました。
今回の熊本城見学,また修学旅行はとても有意義なものとなり,高校生活の宝物となりました。今回学んだことを今後の学校生活に活かし,今まで以上に充実できるようにしたいです。最後になりましたが,私たちの修学旅行を実行するにあたって,お世話になった添乗員の方々,先生方ありがとうございました。