【中・高】平成22年度中高始業式

【中・高】平成22年度中高始業式

4月6日午前9時から、平成22年度の始業式が行われました。

イエスが、目の見えない人に向かって「何をしてほしいのか」と尋ねる聖書箇所(ルカによる福音書18:35~)の朗読の後、校長先生より次のようなお話がありました。

********************************************************

「今日読んだ聖書は、あなたの心からの本当の思いは何か?とはっきり表明しなければ、願いは実現しないことを教えています。昨年度は、みなさんの先輩が東京大学をはじめとし東北大、筑波大など難関と言われる国公立や有名私立大学に合格するという、桜の聖母学院中学・高等学校にとって大変記念すべき年になりました。これらの先輩方は、在校生の皆さんにとってはっきりとしたモデルです。学校の授業をしっかり受ける。自主学習を先生のアドバイスを受けながら頑張る。こうして努力すれば、このような国公立や難関大学に通るということを実際に体験させてくださいました。同時に私たち教師も、彼女たちとともに大きな経験をしました。在校生の皆さんの中に、自分もやってみようと思う心が芽生えてくれることを待っています。自分のなりたい姿をイメージし、大きな夢を持って、こつこつと努力すること。あきらめないで強い思いを持って努力すること。
一人ひとりに与えられた大事なこの一年、意味ある時間を過ごすことができますよう頑張りましょう。特に3年生の皆さんは、優先順位を考えて時間を有効に使ってください」。(要旨)