海外修学旅行④

海外修学旅行④

久しぶりに制服で過ごすモントリオール2日目の16日は、普通の海外修学旅行では決してできないプログラムが続きました。まずは本校の設立母体であるコングレがシオン·ド·ノートルダム修道会(C.N.D.)の本部修道院(マザーハウス)への表敬訪問です。シスターはじめC.N.D.アーカイブス(公文書部門)のスタッフやシスターマライカが私たちを迎えて下さり、創立者マルグリット·ブールジョワの生涯やC.N.D.の歴史、アーカイブスが保管する87年前に来日後の貴重な写真や資料を紹介いただき、6グループに分かれてのゲームも交えたアクティビティで、歴史を学びました。日本にいてもなかなか知らない本校の昔の様子を、カナダで知れたのは不思議でした。最後にはマルグリットの聖遺物である心臓が保管されている礼拝室で、生徒たちも暗記している英語の主の祈りを唱えました。