海外修学旅行⑤

海外修学旅行⑤

C.N.D.総本部の後に訪れたのは、世界に広がるC.N.D.設立の学校つまり本校の姉妹校の一つ、ヴィラマリア高校。海外修学旅行で現地の高校生と交流する企画はよくありますが、そもそも姉妹校が現地にあるのがこういう学校の強み、とはいえこんな企画は本校の歴史で初めてでしょう。 53名の私たちに対し、ヴィラマリアの20名の生徒が歓迎してくれました。まずはヴィラマリアの紹介を、島根に2年間いたという先生が日本語混じりの英語で説明。次に本校からは二人の生徒が、パワーポイントとビデオを使って英語で説明。さらに日本舞踊を習う生徒が「さくら」の舞を披露し、最後に全員で校歌を斉唱すると、こちらの学校には校歌そのものがないため、ヴィラマリアの生徒たちは驚いていました。 ランチタイムにはコミュニケーションが弾み、来る前の心配も何のそので、さすがは同世代の女の子ちとこちらが驚き。最後にヴィラマリアの生徒たちに校内を案内してもらい、あっという間に2時間が過ぎました。これを機会に両校の絆画深まることを願います。