4年こむこむ・クリーンセンター

4年こむこむ・クリーンセンター

10月25日に、4年生はこむこむ学習を行いました。全員でこむこむ館に行き、午前中はプラネタリウムを見たり、グラスハープのワークショップをしたりしました。グラスハープとは、ワイングラスに水を入れ、ふちをこすって楽器のように音を出すものです。最後に、班ごとに「オーラリー」を演奏しました。
午後は、「あらからクリーンセンター」に見学に行きました。燃えるごみを処理する様子や資源物をリサイクルする作業の様子を見ることができて、子どもたちは何度も声を上げて驚いていました。社会科で学習したことを確かめることができた、よい見学になりました。見学後の感想を見ると、「家でも今まで以上にしっかりとごみの分別をしよう。」と書いた子がたくさんいました。学校での体験が、これからの生活に生かされることを期待しています。

<児童感想>
私は「あらかわクリーンセンター」でいろいろなことを学びました。特におもしろかったのは、ごみクレーンでごみをつかんだり離したりしているところです。びっくりしたことは、燃えるごみの中に注射器が入っていたことです。すごくびっくりしました。この見学で、私はもっとちゃんと燃えるごみやプラごみなどを分けて捨てるようにしようと思いました。