お知らせ

怒りとうまく付き合うために

dsc08301   dsc08292

「怒りとうまく付き合うために」が終了いたしました。受講生数は30名を超え、30代から70代と幅広い年代の方が、共に「怒り」についての学びを深めました。講師は、アンガーマネジメントシニアファシリテーター、アンガーマネジメントコンサルタント、アンガーマネジメントキッズトレーナーの資格を持つ岡田友子先生。岡田先生は、元アナウンサーで、現在は起業して、研修講師としてビジネスマナーや話し方教室も主宰しています。

 

さて、今話題の「アンガーマネジメント」という言葉をご存知でしょうか。「アンガー」は「怒り」です。怒りの感情をコントロールできるようになると、より良い人間関係を築くことができます。

この講座に参加した受講生の皆さんの受講動機は、「怒る日々が楽しくない」「子育てでイライラする」「介護をしているので」「自分の怒りを抑える方法を知りたい」「自分の感情をコントロールできるようになりたい」と、様々な内容でした。

 

「怒り」は第二次感情です。「不安」「苦しい」「疲れた」「悲しい」という感情が溜まると

「怒り」の感情になってしまいます。そして、その「怒り」の感情のピークは長くて6秒と言われています。6秒待つということや、怒りの温度を自分で計ってみるなど、「怒り」という感情をコントロールする様々な方法を学びました。

そして、「怒る必要のあるものは上手に怒る」「怒る必要のないことは怒らない」という基本は、一番大切なことです。

 

講座を受けた受講生の感想は、「感情を見える化すると自分にも相手にも伝わる」「本当に怒ることはそれほどないことがわかった」「仕事のイライラの解決に役立ちそう」「怒りの連鎖を自分で断ち切れるようになりたい」「怒りの連鎖を断ち切ることは、世界平和をつくる根本になる感じた」などと、この講座がより良い生き方を模索するきっかけになったことが感じられました。

 

また、「入門の次の講座を」「パートⅡを希望します」「さらに踏み込んで対象を分けた講座を」など、継続講座の希望も沢山いただきました。皆様のご要望に本センターでは、次年度も岡田先生の講座を企画する予定です。皆様ご期待くださいね。

dsc08279    dsc08302