桜の聖母学院中学校・高等学校

〒960-8055
福島市野田町7丁目11-1
TEL.024-535-3141

受付時間/月~金 10:00~17:30

高等学校公式インスタグラム

メニューを閉じる

コース紹介

同級生といっしょに中学校から高校へ
中高一貫ならではの2年×3ステップの6年間

中高一貫の6か年教育を、「基礎期」「発展期」「完成期」の3つのステップで考え、それぞれの段階に応じた学習を展開していきます。

希望する進路へ

過去3年間の合格実績(平成30年度~令和2年度卒業生 317名) ※( )は合格者数

国公立大学 25名

  • 福島大学 (13)
  • 宮城教育大学 (1)
  • 山形大学 (1)
  • 福島県立医科大学 (4)
  • 都留文科大学 (1)
  • 新潟県立看護大学 (1)
  • 秋田大学 (1)
  • 岩手大学 (1)
  • 東京外国語大学 (2)

私立大学 274名

  • 上智大学(15)
  • 東北学院大学(25)
  • 東北福祉大学(23)
  • 東洋大学(11)
  • 昭和女子大学(7)
  • 仙台大学(6)
  • 神田外語大学(5)
  • 聖心女子大学(5)
  • 中央大学(5)
  • 桜美林大学(4)
  • 東京女子大学(4)
  • 獨協大学(4)
  • 日本大学(4)
  • 関西学院大学(3)
  • 津田塾大学(3)
  • 東京家政大学(3)
  • 東北芸術工科大学(3)
  • フェリス女学院大学(3)
  • 文教大学(3)
  • 法政大学(3)
  • 明治大学(3)
  • 茨城キリスト教大学(2)
  • 岩手医科大学(2)
  • 女子栄養大学(2)
  • 東海大学(2)
  • 東北医科薬科大学(2)
  • 東北工業大学(2)
  • 日本女子大学(2)
  • 明治学院大学(2)
  • 青山学院大学(1)
  • 神奈川大学(1)
  • 成蹊大学(1)
  • 成城大学(1)
  • 専修大学(1)
  • 洗足音楽大学(1)
  • 多摩美術大学(1)
  • 東京女子医科大学(1)
  • 東京都市大学(1)
  • 東京農業大学(1)
  • 同志社大学(1)
  • 南山大学(1)
  • 武蔵野音楽大学(1)
  • 立教大学(1)
  • ほか
  • 短期大学 66名
  • 桜の聖母短期大学(50)
  • 山形県立米沢女子短期大学(4)
  • 仙台青葉学院短期大学(2)
  • 会津大学短期大学(1) 
  • ほか
  • 専門学校 63名
  • 医療・看護系(26)
  • 理美容・ファッション系(11)
  • 音楽・音響スタッフ系(7)
  • 観光・航空系(7)
  • デザイン・CG系(4)
  • ビジネス・公務員その他(8)
  • 就職 6名
  • 医療・製造(3) 
  • 観光・サービス業(2) 
  • 自衛隊(1)

指定校推薦で進学できるおもな大学〔約250校〕(2021年度入試)

北海道・東北地区
北海道医療大学/岩手医科大学/仙台大学/東北学院大学/東北工業大学宮城女子学院大学/いわき明星大学/郡山女子大学/奥羽大学/福島学院大学
関東地区
獨協大学/文教大学/神田外語大学/青山学院大学/駒澤大学/昭和女子大学女子栄養大学/白百合女子大学/聖心女子大学/東京女子大学/東洋大学
中部・関西地区
南山大学/京都ノートルダム女子大学/同志社大学/関西学院大学/神戸女学院大学武庫川女子大学

※上智大学・南山大学・東北学院大学などからは、指定校推薦とは別にカトリック学校/キリスト教学校対象の募集枠を設けていただいております。
※桜の聖母短期大学からは計27名の指定校推薦枠をいただいております。

桜の聖母の学びの特色

英語~4技能の習得~

英語は桜の聖母の軸となる教科です。「読む・聞く・書く・話す」の4技能はもちろん、自分の考えを英語で表現できる力を身につけます。

  • 読む・聞く・書く・話す力を高める授業

    英語の授業では、ペア・リーディングやグループワークを取り入れながら、文法や語彙の徹底習得を図るとともに、正確に文章を読み解く力と実践的な表現力を養成します。
    週1回の「英会話」の授業は、専任のネイティブスピーカーを中心に、発音はもとより、表現力・コミュニケーション力を楽しく身につけることができます。

  • GTEC®・weblio

    「GTEC」は、大学入試でも活用することができる「使える英語力」を測る検定です。中学2年生から「Core」を受験できます。国際的なガイドラインに則った英語力習得を目指します。「weblio 英会話」は、日常会話から「GTEC」対策まで、個人の目的に応じて、海外在住の専任講師との一対一の英会話トレーニングを通し、さらにコミュニケーション力を強化します。

    ※「GTEC」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。
    ※この商品・サービスの内容は、株式会社ベネッセコーポレーションの承認や推奨を受けたものではありません。

地域との関わり

様々な体験を通して、地域の一員としての意識を育てるとともに、主体的に課題について考え、判断し、行動する力を身につけます。

  • 地域学習

  • 職場体験学習

    ※「福島市産官学連携プラットフォーム事業」と関わり、活動をします。

総合的な学び

異年齢との関わりや同学年の結束、日本文化の理解と習得など、多方面からの様々な体験を通して、他者理解の精神を身につけ、コミュニケーション能力を高めながら心の成長につなげます。

  • リズムダンス

  • 探究学習発表会

高校生との関わり

中高一貫校の魅力の一つは、高校生を身近に感じる機会がたくさんあることです。中高一緒の行事や、一緒に活動する部活動もあります。交流の機会を設け、中学生のうちから、高校のイメージを持つことを大切にしています。

  • 高校生との昼食会

  • 部活動~茶道部~

和装礼法教室

和装に関する知識を学び、浴衣の着付けを身につけます。また、美しい座り方や挨拶の仕方などの作法を学ぶことで、礼儀作法の基礎を身につけます。

授業紹介

中学1年生 前期時間割(例)

学校評価について

「平成29年度 保護者アンケートによる学校評価」についてのご報告

平成30年6月1日
桜の聖母学院中学校・高等学校
保護者の皆様へ

 青葉の候、保護者の皆様にはますますご健勝のことと拝察申し上げます。
 平素は本学院に対しまして、多大なるご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。
 さて、「平成29年度 保護者アンケートによる学校評価」についてですが、保護者の皆様から貴重なご意見、ご提言等を賜り誠にありがとうございました。
 学校評価アンケート結果につきましては、先日の総合保護者会で報告をさせていただきましたが、特に今年度も、授業の充実に心がけ、さらなる学力の向上に力を入れてまいりたいと存じます。保護者の皆様からいただいた貴重なご意見を真摯に受け止め、教職員一丸となり更なる教育力の向上を目指し努力いたします。

 今年度も保護者の皆様には、アンケートを平成31年2月までにご提出いただく予定でおりますが、アンケートのみならず、保護者会や面談等におきましても、忌憚のないご意見や、ご提言を賜りたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

桜の聖母学院中学校・高等学校校長
 髙城 友治

アンケートの様式はこちら