• Home
  • » 桜の聖母学院幼稚園について

桜の聖母学院幼稚園について

ミッションステートメント(桜の聖母学院の教育理念)

コングレガシオン・ド・ノートルダムの学校は、1658年に始まる教育の歴史をもち、子どもたちが生きる意味を見出し、強い意志・勇気・愛をもって、社会の変革に寄与できる誠実で品位ある人になるよう育て、世に送り出そうとしている。

すべての教育活動は、子どもたちが自分に与えられた使命に気づき、自己実現をはかり、未来を拓いていく力を育てることを目指している。

  1. イエス・キリストの愛に学ぶ
  2. 卓越した学問の研究を目指す
  3. 神・他者・自分・自然と対話する心を育む
  4. 義と平和の実現のために働く人に育てる

桜の聖母学院の歴史についてはこちらをご覧ください。

園訓

強い心 素直な子ども

保育目標

みんなと仲良くできる子ども

  • 強い心、元気な子ども
  • よく遊びなんでもやろうとする子ども

①一人ひとりが大切にされている経験を持つことで、自分と他の人を大切にし、思いやりのある子どもになります。

②いつでも、どこでも、一人でも、正しいと思ったことが出来る子どもになります。

③宗教教育を通して命の尊さ、感謝する心、許す心が育ちます。

④どんなことも、最後までやり遂げる力が育ちます。

⑤自分なりの課題を持ち、考え、工夫して取り組む子どもになります。

⑥世界に目を向け、世界の未来をになう子どもたちの生きる力が育ちます。

園長あいさつ

 本学院のルーツは、コングレガシオン・ド・ノートルダムによる日本での学校教育にあります。これは、私どもにとりまして、大きな誇りです。
 この花園町に修道院と幼稚園を建てたのは、87年前に来日した、5人のカナダ人のシスターたちです。卒園児と卒業生にとりまして「心のふるさと」でしたが、2011年3月11日の東日本大震災で全半壊してしまいました。その直後から、国内外の多くの方々からご支援をいただき、2013年8月に新園舎が完成しました。中でも屋内の「なかよし広場」は、園児たちにとって、大のお気に入りの場所になっています。
 「福島復興の希望の星」と呼ばれるようになった本園で、子どもがこれからも、ますます元気で明るく、福島に希望を広げる存在になって欲しいと思っています。

桜の聖母学院幼稚園
園長 武藤 浩之

園歌

桜の聖母学院幼稚園園歌

作詞:斎藤 トミ子 作曲:ローズ・コーション

  1. わたしはかよいます
    たのしいようちえん
    こころをきれいに すなおに
    マリアさまのこども
    うつくしくそろって
    ねづよくただしく
    さきましょう
  2. かがやくひかりあび
    なかよしこよしで
    つよくてよいこになりましょう
    おままごとあそびも
    おすなばもゆかいに
    こどものおはなよ
    のびましょう