• Home
  • » 聖母小の教育

聖母小の教育

ミッション ステートメント(桜の聖母学院の教育理念)

聖マルグリット・ブールジョワ

創立者:聖マルグリット・ブールジョワ

コングレガシオン・ド・ノートルダムの学校は、1658年に始まる教育の歴史を持ち、子どもたちが生きる意味を見出し、強い意志・勇気・愛をもって、社会の変革に寄与できる誠実で品位ある人になるように育て、世に送り出そうとしている。

すべての教育活動は、子どもたちが自分に与えられた使命に気づき、自己実現をはかり、未来を拓いていく力を育てることを目指している。

  1. イエス・キリストの愛に学ぶ
  2. 卓越した学問の研究を目指す
  3. 神・他者・自分・自然と対話する心を育む
  4. 義と平和の実現のために働く人に育てる

桜の聖母学院の歴史についてはこちらをご覧ください。

校訓

誠 実

目指す児童像

  • 強く、たくましい子ども

    イメージ

  • よく学び、よく考える子ども

    イメージ

  • 世界のために働く子ども

    イメージ

  • 自分と他の人を大切にする子ども

    イメージ

校長のあいさつ

総合的な人格陶冶(とうや)を目指して ~「愛」「学び」「対話」「奉仕」~

学校(園)長 武藤 浩之

 朝、8時15分を過ぎますと、子ども達の声が飛び交っていた校舎内が静かになります。放送朝礼と同時に姿勢を正すと、物音ひとつしません。
そして、澄んだ心でお祈りをします。私どもの学校は「静寂」で始まり、「静寂」で終わります。
こうした毎日の中で子ども達は、聖書を通して学び、行事を通して学び、教科の授業を通して学び、人との関わりを通して学んでいます。
「誠実」を校訓として掲げ、基礎学力を習得させるだけでなく、総合的な人格陶冶を目指しているのが私どもの学校です。

 今年度は、本学院の創立者 聖マルグリット・ブールジョワの生誕400周年にあたります。
創立者の精神を改めて振り返り、ミッション(使命)の四つの柱に基づいた教育を更に進めています。

校歌

桜の聖母学院小学校校歌

作詞:市島 愛 作曲:山内 忠

  1. 巡る山々 安らぎ満ちて
    天の恵みに うるおうところ
    みどりゆたかな信夫の丘に
    立つまなびやは 桜の聖母
  2. 光溢れる マリアの園に
    空を目指して 伸びゆく若木
    愛とまことを つねに求めて
    つどうまなびやは 桜の聖母
  3. すべての人に しあわせ運ぶ
    高い望みに 今日も生きよう
    小さな力 ひとつに集め
    はげむまなびやは 桜の聖母

学校評価アンケート

平成30年度に行った学校評価アンケートの結果を公表いたします。

実施日:1.4.5年平成31年1月19日 6年平成31年3月2日
対象:平成30年度1.4.6年生保護者、5.6年生児童

アンケートの結果はこちら【PDF】↓
平成30年度小学校学校評価アンケート結果