• Home
  • » 聖母小の教育

聖母小の教育

ミッション ステートメント(桜の聖母学院の教育理念)

聖マルグリット・ブールジョワ

創立者:聖マルグリット・ブールジョワ

コングレガシオン・ド・ノートルダムの学校は、1658年に始まる教育の歴史を持ち、子どもたちが生きる意味を見出し、強い意志・勇気・愛をもって、社会の変革に寄与できる誠実で品位ある人になるように育て、世に送り出そうとしている。

すべての教育活動は、子どもたちが自分に与えられた使命に気づき、自己実現をはかり、未来を拓いていく力を育てることを目指している。

  1. イエス・キリストの愛に学ぶ
  2. 卓越した学問の研究を目指す
  3. 神・他者・自分・自然と対話する心を育む
  4. 義と平和の実現のために働く人に育てる

桜の聖母学院の歴史についてはこちらをご覧ください。

校訓

誠 実

目指す児童像

  • 強く、たくましい子ども

    イメージ

  • よく学び、よく考える子ども

    イメージ

  • 世界のために働く子ども

    イメージ

  • 自分と他の人を大切にする子ども

    イメージ

校長のあいさつ

人格の基盤を培い、自らを開花させる

 本学院が、日本におけるコングレガシオン・ド・ノートルダムによる学校教育のルーツであることは、私たちにとって大きな誇りです。

 86年前に来日した5人のカナダ人のシスターたちは、1946年この花園町に建てた修道院に「桜の聖母学院初等学校」を開設しました。対象としたのは、東京等から引き受けた16名の子どもたちです。以来、3296名の卒業生の「心のふるさと」であった本校は、2011年3月11日の東日本大震災後、新たに教育環境を整えました。

 そしてさらに力強いことに、2016年秋に「桜の聖母学院小学校同窓会」が発足しました。現保護者のみならず、OB、OGの方々のパワーはもちろんのこと、愛校心は宝物です。

 高い評価を受けてきた本校独自の教育は、伝統を築きながらも、常に新たな取り組みに挑戦しています。私たち教師に託された一人ひとりの子どもたちが人格の基盤を培い、かけがえのない人間として自らを開花させていくこと。それが私たちの願いです。今年度は学院創立81年目…神の祝福のうちに前進します。

校長 川田紀美子

校歌

桜の聖母学院小学校校歌

作詞:市島 愛 作曲:山内 忠

  1. 巡る山々 安らぎ満ちて
    天の恵みに うるおうところ
    みどりゆたかな信夫の丘に
    立つまなびやは 桜の聖母
  2. 光溢れる マリアの園に
    空を目指して 伸びゆく若木
    愛とまことを つねに求めて
    つどうまなびやは 桜の聖母
  3. すべての人に しあわせ運ぶ
    高い望みに 今日も生きよう
    小さな力 ひとつに集め
    はげむまなびやは 桜の聖母

学校評価アンケート

平成30年度に行った学校評価アンケートの結果を公表いたします。

実施日:1.4.5年平成31年1月19日 6年平成31年3月2日
対象:平成30年度1.4.6年生保護者、5.6年生児童

アンケートの結果はこちら【PDF】↓
平成30年度小学校学校評価アンケート結果